女子力が低い女の特徴

女子力が低い人は、大きく2つに分離される。

自分が女子力が低いことについて、自覚のある人と自覚のない人だ。

別に、誰も困っていないのであれば、女子力が低いことについて、自覚がなくてもいいだろう。

その人が女子力が低いことで、誰にも迷惑をかけないからだ。

問題なのが、その人が女子力が低いことで、その人自身や相手が困っている場合。

まず当たり前だが、女子力が低いことで、男受けは悪くなる。

女子力が低いということは、女性として見られないということだ。

友達としてはそのほうが何かと都合がいいが、恋人になる相手が女性として見れないのは致命的だ。

これは貌の造りが、美形か不細工かということには何の関係もない。

顔が整っている美形な女性であっても、女子力が低い人もいるし、逆に、不細工でも頑張っていることで女子力が高い人は多い。

つまり、女子力の高さというのは、女として見られるための努力の賜物というわけだ。

女を磨くことを怠った人は、間違いなく女子力が急降下する。

好きな人の前であぐらをかいて、ジャージを履いてちゃダメ。


女子力の低い女の子の特徴としては、

・性格が異様にさばさばしてる。
・スカートよりも圧倒的にズボンのほうが多い
・朝起きて歯を磨かない。体臭や口臭を気にしたことがない
・くしゃみをするとき、口をおさえない。唾を飛ばしまくり
・体重の増加を気にしない
・髪がボサボサ
・ジーンズが多い。
などなど、上げ連ねればきりがないが、つまるところ、よく言うと自然体、辛口に言うと自分を客観的に見れていないということに尽きる。